*All archives*



ベトナム語講座
昨年からベトナム語を習っているが、ベトナム語の学習環境は東京が一番充実している。
大学の正規課程なら外国語大学へ通えばいいだろうが、ベトナム語学科を開設している外国語大学は、東京外国語大学、神田外国語大学、大阪外国語大学くらいだろうか。
語学専門ではないが、ベトナム語を学習できる講座がある大学も無いことはないが、そんなに多くはないだろう。

学生ではなく社会人が東京でベトナム語を勉強するのなら、一番良いのは大学が開講している一般向けの語学講座である。
慶応大学、早稲田大学は、社会人向けにも開放しているベトナム語講座を持っている。
拓殖大学でも公開講座があるのを最近知ったが、ここはアラビア語、ブラジル・ポルトガル語、中国語、ダリー(アフガニスタン)語、ヒンディー(インド)語、インドネシア語、韓国語、広東語、モンゴル語、ペルシア語、ロシア語、スペイン語、タイ語、チベット語、トルコ語、ベトナム語と、慶応や早稲田よりも語学数が多い。
国際関係の学部を持っているせいもあるかもしれないし、受講収入UPという目的もあるのだろうが、欧米以外の語学がこんなに多いのが不思議だ。

民間の語学学校でも、ベトナム語を教えているところがいくつかあるが、大学の講座は授業料が民間の半額近い。
それに大学なら、日本人の先生はベトナム語専門の先生か、ベトナムを研究対象にしている先生だし、ベトナム人の先生は日本語堪能で日本でベトナム語教育を長年やってきた人たちなので、授業のレベルはしっかりしている。
民間学校だと、安いところならベトナム人の留学生がアルバイトで教えていたりするところもあるので、授業レベルはかなりばらつきがあるようだ。

大阪で知っている範囲では、大学の一般向けベトナム語講座はない。
民間なら、語学学校系とベトナム関連機関系の2種類がある。
ベトナム関係機関というのは、ベトナミスト倶楽部というベトナム研究者とかの団体か、日本ベトナム友好協会が語学講座をやっている。
他には、アジア図書館やアジアコミュニティーセンターというアジア語学専門の語学教育機関や民間の語学学校がある。

慶応大学の外国語学校のベトナム語講座は、オリジナルテキスト(CD付き)を使っていて、文法や会話等の教育内容はしっかりしている。
中級になると、購読が入ってきて、予習復習をしないとついていけないという、なかなかハードな授業になる。
大学の正規の授業のシステムに似ている。
各クラスとも半期で修了するが、実質的に約3ヶ月で週2回ペースの授業になる。
大学の開講期間にあわせているためだ。
期末テストと出席点で修了判定し、合格しないと上にクラスに進級できない。
出席日数は6割以上だが、英語とかでは、8割以上の出席が必要になるクラスもある。
ペーパー試験も6割くらいはとらないといけない。
1クラスの先生は2人(言語によっては3人)ついていて、それぞれ授業内容が違うので、各先生の授業について、試験と出席点で修了判定がある。
この試験のために、試験前の1週間くらい前からひたすら復習に励む。
この試験がなかったらあまり復習しないような気がする。
学生の頃は試験の効用など考えずにとにかく点数を上げることが目的だったが、社会人になって試験というものが、こんなに良いシステムなのだと初めて思った。

東京でしか経験できないことはいろいろあるだろうが、この語学教育の機会が豊富で、選択できる語学クラスのレベルも多いこと。
それに、都内の図書館ネットワークが発達しているので、ほとんど何でも読みたい本が入手できるということ。
これは東京以外の都市ではそうそう経験できないだろう。
これだけとっても東京で住む理由にはなってしまう。
東京のように人口が多いと、ベトナム語などのマイナー言語でも開講してくれる大学が出てくるし、受講生も多数ではないが、なんとか集まってくる。
これが地方都市だと、裾野の人口が小さいので、ベトナム語などというマイナー語学を勉強しようなどと思う人が比例して少なくなり、開講しても人が集まらない。結局、開講できないことになる。
こういう時には、人口規模の多さというメリットの大きさを実感してしまう。
Secret
(非公開コメント受付中)

行ってみたいです。
ベトナムの記事、読ませていただきました。
一度は、ベトナムへ行ってみたいと思いながら、仕事関係で、いつも香港ばかりです。(元々、香港好きなのですが)

アオザイとか焼き物、美容関係にも、とても興味を持っていますので、いつか、行ってみたいなぁ~と思っています。

香港は、広東語で、私も少し勉強していたことがあります。広東語は、ベトナム語にも似た語源があると聞いたことがあります。ベトナムの写真をいろいろ拝見させていただいたら、益々行きたくなってしまいました。

また、遊びに来ますね♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。