*All archives*



ベトナム訪問記 17 ハノイ(11) オペラハウス
20070411015930.jpg博物館に行く途上には、有名なオペラハウスがある。
オペラハウスの真向かいには、ヒルトン・ハノイ・オペラ・ホテルもある。
道を渡った北側には、ハノイで由緒正しい最高級ホテルのソフィテル・メトロ・ポールもある。
さすが、ハノイの目抜き通りだけある。
メリア・ハノイも良いホテルだけれど、ビジネスユースを目的とした都市ホテル。コンベンション施設は充実している。
ヒルトンとソフィテルは客室数はそう多くはないが、宿泊費はメリアの倍近く。多分格が上なんだと思う。

ヒルトン・ハノイ・オペラは、そのカーブを描く優雅な建物が特徴的。
コロニアル様式というらしいが、白亜の外観が美しく、見るからに豪華。
向かいのオペラハウスとよく調和している。

オペラハウスは、かなり大きな立派な建物である。
東京でも本格的オペラハウスといえるのは、新国立劇場くらいらしい。
どうして発展途上国のハノイにオペラハウスなんかあるのか不思議だったが、フランス植民地時代の名残だろう。
調べてみると、パリのオペラ座を模して1911年に建設されたようだ。
パリのオペラ座は一度だけ実物を見たことがある。本当に見るからに立派で、建物正面には偉大な音楽家たちの顔が彫られている。
オペラハウスでは、ベトナム国立交響楽団のクラシックコンサートなども開催されているようだ。
今のハノイでオペラやクラシックを楽しめる層がどれだけいるのか、よく知らないが、座席数は900席。
なぜか、ハノイの街の雰囲気や人々の様子と、オペラハウスとの間に、大きなギャップを感じてしまった。

これはオペラハウスを正面から撮った写真。
前の道路は大通りなので、車がビュンビュン通っている。
綺麗にオペラハウス全体が撮れる位置を探して、ウロウロしていたが、よく考えたら、危険だったかも。
20070411015859.jpg



これは、ヒルトンの玄関前から撮ったオペラハウスの右手側エントランスの写真。
どこから見ても、堂々として贅を尽くした感じがする建物だった。

20070411015916.jpg

tag : ベトナム訪問記

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。