*All archives*



ベジタリアンレストラン
日本では流行らないベジタリアンなので、レストランはそう多くはない。
精進料理もベジタリアンにはいいのだろうが、遠い宿坊に行くわけにもいかないし、それに値段はかなり高め。

一番簡単に探すのは、日本ベジタリアン協会のベジ・レストランガイド
東京はやはり外国人が多いこともあって、ベジタリアンレストランが多い。
といっても、ベジ料理専門ではないレストランもあって、ベジタリアンコースを置いている店も入っている。
なぜかインド料理店が多いように思うが、「野菜ばかり食べる人々 インドベジタリアンワールド(インド野菜主義)」というブログでインドの菜食主義について書いていた。
インドでは、牛は食べないのは知っていたが、菜食の国とはあまり良くしらなかった。
ヒンズー教では、牛が神の化身といわれているので、牛は食べない。
イスラム教では、不浄な豚は食べない。
残るは鶏と羊肉だが、そう日ごろから食べるものでもないらしいので、人口の半分くらいは普段は肉を食べない人たちらしい。
その上、完全ベジタリアンが数割いるのだから、インド料理=菜食料理が多いというのもよくわかる。
但し、インド人にはなぜか肥満が多いらしい。
菜食主義とはいえ、油をそれはたっぷり使うというから、ダイエットにはインド料理は向かないかもしれない。

他の地域にはベジレストランはそう多くはない。
「まるまのお笑いベジタリアン」に、地域別のレストランガイドがあるが、大阪では「グリーンアース」という菜食レストランが南御堂にあるらしい。
何度かあの近くには行ったことがあるが、食べるお店を探しに行っていたわけではないので、あったかどうか記憶にない。
レストランに行った人のレポが載っているが、わりとちゃんとしたお店のようだ。

心斎橋の「ママンテラス」はどちらかというとマクロビレストランだと思うが、心斎橋ならそれなりにお客も入るはず。

LUNA'S STYLEというブログにも大阪のベジレストランガイドがある。
ここでもグリーンアースが紹介されているので、今度行ったら探してみることにする。
Secret
(非公開コメント受付中)

ベジタリアンの店は今後増えそうですねv-16
動物を食べることを嫌がる人達が増えてくると思うので
ベジタリアン料理を求める人が増えれば
ベジタリアンの店も沢山出来てくると思います。
お肉を使う料理は今後は減ってきそうです。
いずれはベジタリアン専門の店とかではなくて
全ての店では肉は使わないでしょうねv-219
日本のベジタリアン
あい様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

人間の味覚はかなり保守的なので、日本ではどの程度ベジタリアンが増えるのか、ちょっとわからないですね。
周囲を見渡しても、お肉を食べない、嫌いな人はほとんどいないので。

旱魃や需要増・供給不足等による穀物高騰で、家畜用飼料が高騰して肉類も贅沢品化することで、食べる機会が減るという可能性はかなりあるように思います。
どちらかというと、思想信条よりも、外部環境でベジタリアン的な食生活にならざるをえなくなるという人が増えるのではないでしょうか。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。