合羽橋で料理グッズ探し 

2007, 06. 07 (Thu) 13:59

久しぶりに合羽橋へ料理用具の買出しに出かけた。
土日は休んでいるお店が多く閉店時間も早まるので、平日の昼間に買出しに出かけるのが一番良い。
長時間歩き回るはずなので、ウォーキングシューズを履いていくことにした。

今日の目的は、お菓子用とオーブン用の温度計、クイジナートのトング、1.25ccの計量スプーンを買うこと。
まず、TDIへ向かう。
ここは、ヨーロッパ製の高級品が多いが、いろいろ探すと掘り出し物も見つかるし、他のお店よりも安いものも多い。
ここで品揃えと価格をチェックしてから、おかしの森、浅井商店、吉田菓子道具店、馬嶋屋菓子道具店に向かう。
お店によって置いている物や価格が違うことが多いので、一気に数店を回って比較検討できるこの卸問屋街はとても便利。

4店を見て回ったおかげで、1.25ccの計量スプーン以外は目的のものを購入。
浅井商店では、クイジナートのトング。
他のお店ではなぜか売っていなかったし、ネットでもあまり見かけない。
トングはステンレス製の安いものもあるが、クイジナートのは先端が耐熱温度200℃のナイロン製なのでお鍋が傷まない。
ナイロン製のロック付きトングでは、OXOのトングよりも安くてカラフル。
このお店にはミニチュアダックスらしき犬がいた。
レジで精算していると、一見の買い物客相手に何を思ったのか、なぜか寄ってきて、ころんと仰向けになっていわゆる”服従”のスタイル。
お腹をさすってやすと気持ち良さそうにしている。
お店の人に聞くと絶対に噛まないそうだ。

Cuisipro シリコンロッキングトング S イエロー 74 708617 Cuisipro シリコンロッキングトング S イエロー 74 708617
Cuisipro

この商品の詳細を見る


TDIで買ったのは、OXOのナイロンターナー、ストウブの木製しゃもじ、野田琺瑯の白いバット、パイレックスのスクエアディッシュ、akiko's クッキングメジャー、オーブンメーター。

OXOのナイロンターナーはトマト色のもの。
家に帰ってみたらスパチュラがトマト色だったので、グリーンの方が色が違っていて良かったような気がする。
OXO ナイロンソフトターナー トマト 1061276 OXO ナイロンソフトターナー トマト 1061276
OXO (オクソー)

この商品の詳細を見る


ストウブの木製しゃもじは、すでに1つ買っているので予備用。200円と安いが、乾くのも早く、木の手触りが良い。

野田琺瑯の白いバットは、今持っているサイズよりも一回り大きいもの。ステンレスバットよりもずっとレトロな感じで、汚れも落ちやすいので、バットはホーロー製を使っている。

パイレックスのスクエアディッシュはグラタン用に。これは真っ白い蓋の付いている分なので、グラタンなどを冷蔵しておくのもできて便利。

akiko's クッキングメジャーは、洗っているときに割ってしまったので、また同じものを購入。
50cc以上は、10ccごとに目盛りが付いているので、クルーゼやストウブでご飯をたく時の水の計量に便利。
耐熱ガラスだが薄手なので衝撃にとても弱い。
うっかり洗い桶に入れておくと、お皿に当たって割れてしまうほどもろい。

Hario アキコズクッキングメジャー味自慢・ドレッシング Hario アキコズクッキングメジャー味自慢・ドレッシング
ハリオ

この商品の詳細を見る


オーブンメーターは、1000円少しと他のお店より安いものを置いてあったが、聞いたことがない日本メーカーの製品。温度計程度でそう品質の差があるとも思えないので、これを買ってみる。オーブンの温度設計はアテにならないことが多いらしいので、ケーキやパンを焼くときは一応チェックしておくため。

あとは、衝動買いのカトラリー。スプーン、ナイフ、フォークなど5本買ったが、1本120円程度と安いので、また1セット買っても良いくらい。艶消しがしてあって、デザインもカフェ風。普段使いでも楽しくなる。

ここまで探して、お菓子用の温度計の良いものが見つからなかった。
温度計は、アガーを使うときに必ず85度を超えないようにしておく必要があるため、100℃は計測できることが必須。
お店に置いてあるものは、パンメーターは50℃までしか計測不可、デジタル温度計は3000円近くするものばかり。
アルコール温度計は長くて割れやすく、カバーをつけると1000円は軽く超えるので、やはりネットで売っているデジタル温度計にすることにする。
が、一番最後に寄ったニイミ食器店で、200℃まで計測できるデジタル温度計を見つけた。
他にもアナログ式の100℃計測可能な温度計があったが、円形の文字盤があまりに小さいのでパス。
このデジタル温度計、DRETEC製。値段が1000円少しとなぜか安いが、中国製だからだろうか。防水しているとも書いていない。
まさか計測部のステンレスに毒性のある物質が入っていることもなかろうかと思い、とりあえず買ってみることにする。
アラームもくっついているので、機能的には良いが、電池は消耗したら交換しないといけない。
家でamazonで検索してみると、同じ温度計が売っていた。それに防滴仕様の製品もあるので、わざわざ探しまわらなくても良かった。
とにかくamazonよりは安く買えたので、後悔するとういうほどでもないか。


DRETEC クッキング温度計 ホワイト O-201WT DRETEC クッキング温度計 ホワイト O-201WT
DRETEC

この商品の詳細を見る

これだけ買うのに2時間半ちかくかかったが、目的の品物とお店が決まっているだけ、効率的な買い物になった。
これだけ料理道具が揃っている問屋街は、日本のどこにもないので、東京にいる間にもう一度寄って、最後の買出しに出かけることにする。

0 Comments

Leave a comment