*All archives*



リッチー・バイラーク 『ヒューブリス』
2年前、たまたま夜にタワーレコードに寄ってジャズコーナーで新譜をさがしていたら、クライアントとばったり遭遇。
「まさか、この人が」と思いましたが(クライアントとしてはとても優秀で良い人ですが)、音楽の趣味は見かけじゃわからないもの。
澤野工房などの耽美的なタイプの曲風がお好みらしく、いくつかお勧めのCDを教えてもらった。
お勧めは数枚。ジャズはかなり個人的な好みに左右されるし、それほどジャズマニアではないのでクラシックと違って、アーティストや作曲者の名前を聞いただけでは、曲風がわからない。
過去の経験から、購入したCDのうち、気に入るCDの比率は2~3割。
全部買うのはかなりリスキーなので、結局、一番お勧めのリッチー・バイラークの「ヒューブリス」を買って帰った。

ヒューブリスヒューブリス
(2000/09/23)
リッチー・バイラーク

商品詳細を見る


これが、とても素晴らしいCDで、しばらくぶりで良い音楽に出会ったようで、教えてくれたクライアントにとっても感謝。
クラシック音楽が好きな人なら、結構自然に受け入れられるような作風で、叙情的な旋律と硬質で透明感のある美音が素晴らしく綺麗。
叙情的であっても感傷的ではなく、クールで冴えた作風のなかに理知的なセンスが感じられる。
ビル・エヴァンズやキース・ジャレットが好きな人なら、たぶん気に入るでしょう。

リッチー・バイラークは、70年代に人気があったピアニスト。
結構理屈っぽい感じのつくりの音楽なので、ジャズ好きの中でも特定の層にしか受けないような気がしないこともないけれど。
全曲オリジナルで、特に「サンデイ・ソング」と「リーヴィング」が美しい。メロディは一度聴けば頭の中でリフレインされてしまうくらいにシンプルだけど、とても印象的。
この2曲はバイラークも自信作だったらしく、他のCDでもアレンジを変えて何度も演奏している。

それ以来、バイラークにはまってちょこちょこと買い集めている。店頭ではほとんど置いていないし、ネットでもかなり入手が難しいものが多い。(追記:最近は再販されたりして、かなり入手しやすくなっている)
有名な「ナーディス」「エルム」「恋とは何でしょう」「哀歌」はすぐに入手。
「Round About Bartok」や10年くらい前の輸入盤は海外から取り寄せないといけない。
廃盤になっているものも結構多い。昔のタッチのバイラークは、今時はあまり受けないのかも。

数年前から出ているヴィーナスの新譜は比較的評判が良いので(昔と違って理屈ぽさや尖ったところが減ったせいか聴きやすくなっている)、「マンハッタンの幻想」や「Romantic Rhapsody」はそのうち買わないといけない。

「恋とは何でしょう」は以前のバイラークのイメージをガラっと変わる(崩れる)ような現代的な演奏。
人間が丸くなったわけでもないんでしょうが、時代も変われば人間も変わる。
理性的に突き詰めた感じの鋭い音楽から、構造的でありつつダイナミックな躍動感を持ったスタイルに変わってきたみたい。

恋とは何でしょう恋とは何でしょう
(2000/11/25)
リッチー・バイラーク・トリオ

試聴する(米国amazon)


「哀歌」はクラシックをテーマに作っているのが、クラシックで有名なモチーフから展開されるジャズのアレンジはかなり独創的で、とっても知的で楽しいアルバム。
どれも聴きごたえがあるけれど、バッハの「シチリアーノ」の美しさは格別。この曲は、ケンプ編曲のピアノ版もあって、あまりに美しさに自分で弾いてみたいな~と思ってしまう。

哀歌哀歌
(2003/05/21)
リッチー・バイラーク・トリオ

試聴する(米国amazon)


バイラークのCDの紹介サイトで一番参考になるのは、「ジャズCDの個人ページ」
かなりジャズに詳しい人らしく、バイラークもほとんどのCDを聴いているご様子。
日本でこれだけバイラークを聞き込んでいる人も珍しいかも。
ここで紹介されているバイラークのCDは、海外のamazonでもかなりの盤が入手不可能になっている。
もっと早く知っていれば、CDを入手できたかもしれないと思うと残念。
といっても、偶然にとはいえ、バイラークと遭遇できたことだけでも、幸運というべきか。

tag : リッチー・バイラーク

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。