*All archives*



福盛シトギミックス
小麦粉の代わりに米粉パンを作ろうとパン用米粉を探してみた。
米粉パンを作るには、専用の米粉ミックスを使わないとパンはできない。
小麦粉に数割上新粉を入れるという作り方もあるが、これは小麦粉パンのバリエーション。
米粉パンとはいえない。
小麦粉と炊いたご飯を混ぜて作る食パンのレシピもある。たしかに、米と小麦グルテンが配合されているには違いない。

市場に出回っているパン用米粉ミックスは「シトギミックス」「福盛シトギミックス」というのが多い。

20a-0.jpg


0050010000052.jpg

(包装の柄が違うのは、製粉メーカーが違うせいかも。上は片山製粉やクオカで売られているもの。下は新潟製粉製。)

シトギミックスの開発者は、パン職人・福盛幸一氏。
彼は米粉パンのパイオニアと言われているようだ。
彼が開発した米粉製造法「福盛シトギ方式」とは、「特殊な機械や製法を用いず、また一般的・伝統的な製法の米粉(上新粉)など、どのような米粉でも一定規格の粒度を得た物であれば誰でも簡単に米粉パンを製造出来る」と、米粉関連事業を行っているグリコがホームページに書いている。

彼は、「パン工房 青い麦」というベーカリーを数店舗経営している。
ホームページを見ると、普通のパンと米粉パンの両方を作っている。
お店で売っている米粉パンは、結構安い(大きさはわからないが)。
発芽玄米ロール80円、シトギダッチブール110円、米粉コッペパン(プレーン)110円、米粉コッペパン(クルミ)(140円)。

本店は大阪の帝塚山界隈にある。
帝塚山は数少ない大阪の高級住宅街で、お店の場所は阪堺線姫松駅すぐ。
阪堺線は昔懐かしい路面電車で、レトロな感じがする。(でも全然洒落てないが)
天王寺から帝塚山に近づくほど、おしゃれなお店や、瀟洒な邸宅が増えていく。
天王寺まで出ないと買えないのかなと思ったら、京橋の京阪シティモールにも出店している。
京橋なら電車で5分か10分あれば行けるので、用事のついでに寄っていてもいい。

自宅で米粉パンを作るには、まず米粉ミックスを買わないといけない。
この粉を売っているお店は限られている。
そこらのスーパーや百貨店などでは取り扱っていない。
ネットショップなら、クオカやママの手作りパン屋さんなど(楽天で探せば数件ヒットする)。
私がいつも買っている富澤商店では取り扱っていないのが残念。

福盛シトギミックスは、小麦グルテンの配合率によって種類が違う。
食パン用「20A」の方がグルテンが多いが、1種類しか扱っていないお店もある。
値段は、1kg500円前後、2kg1000円前後。片山製粉の直販では、4kg1740円。
玄米ミックスもあって、これはクオカで1kg700円弱と結構高い。
お米もそうだが、精米の手間がかかっていない玄米を原料にする方が、高くなる。

国産小麦で一番値段が高い「はるゆたか」は1kg400円ちょっと。
それよりも2~3割は高いが、使えないことはない値段ではある。
1kg300円前後の輸入小麦を使っている人には、かなり高く感じるかもしれない。
しかし、古代麦のスペルト小麦が1kg900円以上するのを知ってしまえば、高いとも思えなくなってくる。

米粉パンは、小麦パンよりも腹持ちが良いらしく、満腹感も出やすい。
食後のコストパフォーマンスは同じくらい、と言えないこともない。
何よりあのもちもちとした食感と甘みは、米粉パン特有の美味しさ。
それに、小麦粉よりもアミノ酸は1.5倍と栄養はありそうだし、カロリーも低い。
米粉と小麦粉を交代で使っていけば、パン食のバリエーションが増えて楽しくなるに違いない。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。