*All archives*



国際楽譜図書館プロジェクト(IMSLP)
インターネット電子図書館の「青空文庫」は著作権が消滅した作品が、テキストデータで自由に読める素晴らしいサイトである。
この楽譜版のwebサイトがあるのを知ったが、このサイトは、「International Music Score Library Project(国際楽譜図書館プロジェクト:IMSLP)」という。
この情報は、くまさんの<知られざる佳曲>というブログで見つけたもの。

IMSLPは著作権切れでパブリックドメインとなった楽譜を、フリーでダウンロードできるサイト。
楽譜自体は、いろんな人がスキャンしてアップロードするようになっているようだ。
楽譜の無料ダウンロードサイトだと、ダウンロードの際にユーザー登録が必要になることが多いが、IMSLPは登録の必要はない。まさに青空文庫の楽譜版である。

一般に演奏されるクラシックの作曲家がカバーされていて、1曲ずつPDFファイルでダウンロードできる。
試しに探していたベートーヴェンのピアノ・ソナタ7番の楽譜を検索すると、スキャン元の楽譜が違うため2種類が登録されている。
PDFファイルですぐにダウンロードできるので、あとはプリントアウトして自分で製本すればピアノピースの出来上がり。
この7番のソナタの楽譜を本の形式で手に入れようとすると、ベートーヴェンのソナタアルバムの分冊を1冊買わないといけない。
このアルバムは3000円前後するが、他の曲は別のソナタ集で持っているのもあって、追加でこのアルバムを買うかどうか迷っていたところだった。
ピアノピースだと500円以上はするが、標題のついていないソナタはピースとして分売されていない。
モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の楽譜も探してみたが、登録はされているようだが、何かの事情でダウンロードサイトにアクセスできない。
モーツァルトのデジタル楽譜は、国際モーツァルテウム財団の学術オンラインからもPDFファイルでダウンロードできる。
財団が個人使用に限って公式に使用を認めたもので、モーツァルトに限ればここからダウンロードした方が確実。

青空文庫とこのIMSLPの違いは、本か楽譜かというところだが、その違いが書籍出版業界と楽譜出版業界との構造的な違いにつながってるのをわかりやすく説明したサイトはこちら。例示とか説明が面白くて、納得してしまう。
確かにに言われてみればその通りで、基本的に良く売れる楽譜はそもそも著作権が切れているものばかり。
それが無料でWeb上で流れていると、楽譜出版会社には痛いかもしれない。
Secret
(非公開コメント受付中)

ご紹介ありがとうございます
最近では2500名以上の作曲家の楽譜があり、
当然、楽譜屋さんが到底採り上げてくれないような
マイナーな作曲家の作品も多いので助かっています。

日本語ページも出来たようです。
こちらこそ大変貴重な情報、ありがとうございました。
くま様、こんにちは。

ブログ名を書いていませんでしたね。今気がついたので修正しました。

くまさんのブログでこのIMSLPを知ってからは、楽譜を買うこともほとんどなくなりましたし、楽譜を見ながらCDを聴いたりできるので、とても重宝しています。
4手や2台ピアノ用の編曲版も多く掲載されているのはとても貴重ですね。
日本語版もついて、便利になりました。
意外と知られていないようなので、楽譜を探しているような記事を見かけたときは、IMSLPのことをコメントするようにしています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。