*All archives*



AKGのヘッドホン
就寝前にステレオでCDを聴くので、騒音対策のためにヘッドホンを購入することに。
今使っているのは、デジタルピアノ練習用のYAMAHAのモニタリングヘッドホン。
たぶん5千円くらいの価格帯のものなので、もう少し良い音を聴きたくなってきた。
最近はハイエンドのヘッドホンが売れているらしい。
オーディオは凝り出すときりがない世界。
今使っているCDプレーヤーとアンプはARCAM(先代はAURA)、スピーカーはDALIのメヌエット。
両方とも小ぶりな機種だが、そのわりに音はそんなに悪くない。ヘッドホンをもっと良い物に変えれば、音もかなり良くなるはず。

事前の情報収集で見つけたサイトは、「He&Biのヘッドホンサイト」
このサイトの管理人の方は227台のヘッドホンレビューを書いている。
オーディオにはまると機械に凝るとは聞いていたが、それにしてもスゴイ。
初心者向けのスペック解説やチェックポイント、価格帯別の代表的なヘッドホン性能比較、ヘッドホンレビューなど、とても勉強になった。
趣味もここまで凝るとプロも顔負けの情報量になるものだ。
さらにamazonや価格.comなどのサイトでユーザーレビューをチェックして、購入すべきヘッドホンの機種が絞り込むが、条件はオーブン型に限定してクラシックで使えそうな機種。
価格帯は1.5~3万円くらいまでのもの。

-AKG(通称アカゲというらしい)のK601、K530。定番だったK501は生産中止で除外。
-ゼンハイザーのHD595
-オーディオテクニカのATH-AD1000、AD900

使っているオーディオが欧州メーカーのものなので、ヘッドホンも欧州製にしたくなる。
クラシック用ヘッドホンで定評があるのは、AKG。
ウィーンにある老舗の企業で欧州ではかなり有名らしい。
パンフレットに「モーツァルトやベートーヴェンをはじめ数多くの大作曲家たちが活躍し、今も”音楽の都”として世界中の人々に親しまれているオーストラリアの首都ウィーンに1947年に誕生した」と書いていたので、クラシック向けの製品に強そうな気がしてきた。

ヨドバシで試聴してみると、ゼンハイザーのHD595が最も音がシャープで膨らみもあり、明瞭で明るい響き。全体的にややキンキンしすぎる気はするが。
装着感じは少し重くてきつい感じがする。

K530はやや低音が非力。HD595に比べて響きが少なくちょっとこもりがちで、臨場感が足りない。
が、この音自体は悪い音ではない。
ホワイトボディとヨーロピアン調デザインがすっきりしていて、外観だけ言えばこれが好み。
装着感も軽め。

テクニカの音は、とても明瞭だが軽くて平板。
ポップス向きなので、そういう音作りなのだろう。
ボディはとても計量でヘッドホンを着けている感覚がしないほど、装着感が一番良かった。

試聴時のサンプル音楽は、ガンガンと音量が大きくてキンキンする音のポップスばかり。
クラシックとは音が全く違うので、試聴したヘッドホンの音を信用しきれないところがある。

本命のK601は店頭では売っていなかったので不明。
K601が一番クラシック向きなのだが、実売はヘッドホンにしては、3万円くらいと安くはないので迷うところ。

K601 ハイエンドヘッドフォンK601 ハイエンドヘッドフォン
(2006/04/10)
AKG

商品詳細を見る


K601の音が聴けなかったし、HD595はクラシックでどんな音になるのかわからなかったので、もうすこし情報を集めてみると、AKGのモニター用ヘッドホンK240Sでクラシックを聴いている人が結構いるようだ。
モニター用は、リスニング用と違って、音にクセをつけずに、そのまま素直な音を聴かせるらしい。
K240は生産終了品なので、実売価格が最安値で13800円。
定価24000円くらいの製品なのでパフォーマンスは良さそうだ。
ユーロがこんなに高くなる前は1万円くらいで売っていたらしい。

あれこれ迷うのも時間の無駄のような気がしてきたので、結局値段も手ごろなK240Sを購入した。
ARCAMのアンプにつないで聴けば、このヘッドホンの性能がよくわかるはず。

AKG スタジオ・モニター K240SAKG スタジオ・モニター K240S
(2002/06/10)
AKG

商品詳細を見る

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。