有田焼グリルプレート「焼き三昧」 

2008, 07. 25 (Fri) 20:14

魚焼きグリルの受け皿がそろそろ痛み出したので、焦げ付きがひどくなる前に、グリル用プレートを買うことにした。
コンロに付属している受け皿を新しく買うと2000円以上。
1回交換したが、1年ほどでうっすら焦げ付き後が残りだした。
マメに洗っても所詮フッ素加工のアルミ製品(だと思う)ので、しようがないか。

ベルメゾンや楽天を探すとグリル用プレートは数種類あるが、実用性・価格からみて1人用の料理にはこの「焼き三昧」が良さそうだった。
耐熱セラミックなので、フッ素加工のように熱で劣化することもない。
焦げ付いても普通に洗えば落ちるし、何より焼き色がきれいで、焼き時間も短縮できる。
普段はお皿に移し替えるけれど、面倒なら焼いたままテーブルに出しても、なんとか許容できるデザイン(人にもよるけれど)。
耐久性を最優先に考えて買ったが、品質面でもなかなかの優れもの。
フッ素加工プレートのように使い捨てなくても良いのは、やはりセラミックの良さだろう。

この焼き三昧は定価が2300円だが、楽天ならセール中で多少安く売っているお店もある。
ただし、送料がかかるので結局定価くらいのコストはかかってしまう。

有田焼 オーブントースターで焦んがり調理器 焼き三昧 F-91P有田焼 オーブントースターで焦んがり調理器 焼き三昧 F-91P

商品詳細を見る


<使用後の感想>
数ヶ月使ってみたが、やはり油ものを焼いた後は、油の焼け跡が黒く残る。
タワシでごしごし洗ってもなかなか取れないが、フッ素加工のグリル受け皿と違って、汚れた感じはあまり目立たない。
使用直後プレートが熱いうちに水を入れておくか、洗う前に熱湯を入れてしばらく置いておくと、油汚れが取れやすくなるようだ。
フッ素加工のグリル受け皿が全然汚れないし、プレートをごしごし洗っても剥げる心配がないので、やはりこのプレートはお買い得だった。

0 Comments

Leave a comment