*All archives*



ジョーゼフ・ホロヴィッツ 『アラウとの対話』
みすず書房から出ている「アラウとの対話」は、著者(ホロヴィッツ)が対話形式でまとめたアラウの生涯(チリの幼少期-ドイツ留学とピアニストデビュ-アメリカ移住後から晩年まで)、演奏論、アラウと親交のあった音楽家(弟子や指揮者のサー・コリン・デイビィスなど)へのインタビュなど。

アラウとの対話アラウとの対話
(2003/06)
ジョーゼフ・ホロヴィッツ

商品詳細を見る


各セクションの前に数ページの概括が著者によって書かれており、これでおおよその時代背景とアラウの軌跡がわかるようになっている。
その後、著者がアラウに対して質問し、アラウがそれに答えるという形で、その生涯を振り返ったり、音楽論・演奏論などを語る形式になっている。
アラウの生の声を聴くようで、伝記よりもずっとリアリティが感じられる。

戦争によってリチからアメリカへ渡ったりしたとはいえ、ジュネーブの国際ピアノコンクールに優勝した頃から、比較的順調にピアニスト人生を切り開いていった。
しかし、それまでは、神童と騒がれてドイツのクラウゼ師へ弟子入りしたは良いが、アラウが15歳くらいの時にクラウゼが急死してしまって、かなり苦労したようだ。
チリ政府からの奨学金は打ち切られ、クラウゼのコネで獲得してきたドイツ国内のコンサート契約は以来パタッとなくなる。東欧圏やアメリカでコンサートを開くが、アメリカでは失敗に終わり、一文なしで帰ってくる羽目に。
その上、当時はインフレがひどく、ピアノ教師のバイトをしたり、借金したり、宝石類を質に入れたりして、母・姉・叔母との生活を支えていたという。
クラウゼの死はアラウに精神的に大きなダメージを受けていて、精神分析医にかかるほど深刻なものだったが、幸い尊敬できる博士だったので、徐々に立ち直っていったようだ。

おそらくピアニストとして自信を取り戻したのが、ジュネーブ国際コンクールで1位になった時だろう。
これは、この本の中で一番好きなエピソード。
200人ほどの参加者が3日間で入れ替わり立ち代り課題曲を弾くが、いずれも未熟・音楽性がない演奏ばかり。
ルービンシュタインを筆頭に審査員たちは退屈していた。3日目にアラウが登場して、ものの2分と弾かないうちに、「これこそピアニストというものだ」と、審査員同士でうなづきあったという。
神童と謳われてステージピアニストとして活動しているアラウがコンクールに参加するなんて、彼らは理解に苦しんだそうだ。
まるで、サラブレッドと馬車馬たちが競争するようなものだ、と。
アラウの方は、まだ自分のピアノに自信を取り戻していなかった時期で、まさか自分が優勝するとは思わなかったそうだ。
このコンクールで優勝したおかげで、良い契約がたくさんとれて、ドイツでのピアニストとしての地盤固めになっていった。
さすがにコンクールの威力はすごい。当時は今ほどコンクールが乱立しておらず、そう頻繁に開催されているものでもなかったので、その威力は今にも増して大きかったのだろう。

第二次世界大戦の影響で米国へ渡ってからも、彼のピアニズムは米国人のフィーリングに合ったようで、彼のリサイタルを批評家たちは絶賛し、名だたるオーケストラからは競演依頼が殺到。
米国でも成功して、その後は順調なピアニスト人生を歩んでいった。
欧州で著名な演奏家でも、米国で成功するとは限らない。
ヨーロッパから移住したピアニストで成功したのは、アラウとゼルキン。
バイオリニストのブッシュ(ゼルキンの舅)はアメリカでは全然評価されなかった。
米国人は見た目に派手なヴィルトオーゾが好きなのか、ホロヴィッツやリヒテルは大人気。
アラウも派手さはないが、実は超絶技巧の持ち主。ゼルキンも神童と呼ばれたほどテクニックはしっかりしていた。

この本を読むと、アラウが生きてきた時代の空気も感じられるし、遅いと言われる自分自身のテンポ設定には絶対的な自信を持っていた(といっても、若い時代はめっぽう速かったが)。
指揮者との相性もいろいろあって、カラヤンとはソリストを自体しようかと思いつめるほど合わなかった。
クルト・マズアやサー・コリン・デイビィスとは相性が良かったようだ。
彼自身が内向的な性格なので、カラヤンのように威圧的なタイプの指揮者は苦手らしい。
サー・コリン・デイビィスなどは、彼の方が熱烈なアラウの信奉者。
アラウもデイビィスは大好きというほど、晩年は多くの協奏曲で競演している。
デイビィスが指揮したベートーヴェンのコンチェルト集はとても素晴らしい出来で、特に第4番は名演中の名演。
第4番がこんなに名曲だとは知らず、以来第4番のコンチェルトは「皇帝」と同じくらい聴くようになった。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」&第4番ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」&第4番
(1993/10/16)
アラウ(クラウディオ)

商品詳細を見る

tag : アラウ 伝記・評論

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。