*All archives*



フィッシャー=ディースカウ ~ ベートーヴェン/連作歌曲『遥かなる恋人に寄す』
ベートーヴェンの歌曲というと、あまり聴いたことがないし、シューマンやシューベルトと違って、歌曲集としてまとまってレコーディングしている歌手が少ない。
青木やよひ氏の「不滅の恋人」研究書に、不滅の恋人との破局後、彼女を追憶して作った連作歌曲が『遥かなる恋人に寄す』だと書いていて、さっそくCD探し。
プライやシュライヤーのがあったが、いろいろな歌曲をカバーしているフィッシャー=ディースカウのCDを購入。
ピアノが、あのウィーン三羽烏の一人、イェルク=デムスなので、これに決めた気もするが、ジャケットもなかなか品の良いデザインだし。
輸入版なので歌詞の日本語訳はないが、ドイツ語の英訳があるので、歌詞の意味はわかる。

Beethoven: An die ferne Geliebte; LiederBeethoven: An die ferne Geliebte; Lieder
(2008/08/26)
Dietrich Fischer-Dieskau、

商品詳細を見る


バリトンの声自体があまり好きではないので、それほど期待していた訳ではなかったが、聴いてみると思いのほか良い歌曲集。
ディースカウは、バリトンといっても、ハイ・バリトン。高めの伸びやかで濁りのない美声。とても心地よい響きがする。
ベートーヴェンが作曲した旋律は叙情的ではあるが、シューベルトやシューマンの情緒過多の歌曲と違って、情緒を形式で抑制してバランスをとった心地よさがある。

CDタイトルの歌曲『An die ferne Geliebte』は、
 1.丘の上に腰をおろし
 2.灰色の霧の中から
 3.天空を行く軽い帆船よ
 4.天空を行くあの雲も
 5.五月は戻り,野に花咲き
 6.愛する人よ,あなたのために
の6曲からなる連作歌曲。
曲を切れ目無く次々に歌い続けていくという形式は、当時は目新しかったらしい。
歌詞を見ていると、まさにベートーヴェンの心情そのものだったのではないかと思うくらい。
「不滅の恋人」(アントーニエ・ブレンターノ夫人らしいが)との破局(1812年)後、極度の作曲スランプに陥った。が、ようやく傷も癒えてきたのか、かといって完全に忘れることもできず、「遥かなる恋人」と呼んで自分の心情を歌ったのだろうか。

これを作曲したのが1816年。1816年にはピアノ・ソナタ第28番Op.101、1818年に第29番「ハンマークラヴィーア」Op.106が作曲されている。
この歌曲を作った後、ようやく徐々にスランプから脱して、ついに後期様式へと向かうようになった。
そう考えると、この曲はベートーヴェンにとって、カタルシスの意味があったような気がする。

このアルバムには、有名な『アデライーデ』や、ゲーテの詩による歌曲もいくつか入っている。
『片思いの男のためいき及び返答の愛』(WoO.118)(なんというネーミング!)を聴いていたら、突然『合唱幻想曲』の合唱パートのメロディが出てきたのに気が付いた。(歌詞は違うものをつけている)
ベートーヴェンは、自分の気に入った旋律をいろんな楽曲によく転用していたらしい。
リートで聴いても、このメロディは明るく、美しく、それでいて力強い。

『遥かなる恋人に寄す』の歌詞は、医学生のアロイス・ヤイテレス。
疫病が何かが流行った街で医療活動を行っていたことをベートーヴェンが(新聞か何かで)知って、激励の手紙を書いたところ、その返礼にこの詩が送られてきたという。
歌詞の日本語訳を載せているサイトがある。詩としての文体はともかく、どういう心情を歌ったのかはこれで十分わかる。
(そもそも外国語の詩の翻訳は、とっても難しいものなので)

ちなみに、リストが『An die ferne Geliebte』をピアノ独奏用に編曲している。
楽譜をざっと見た目には、リストにしてはそう難しい編曲ではない。
少なくとも最後の6曲目は初見でもそこそこ弾けた。

『遥かなる恋人に寄す』と「不滅の恋人」に関連する曲のレクチャーコンサートの解説はこちら。
「不滅の恋人」に関する簡単な解説も載っているので、分厚い研究書を読まなくてもポイントがわかるとっても親切なサイト。


<収録曲>
歌曲集「遥かなる恋人に寄す」op.98
アデライーデ op.46
君を愛す(やさしき愛) WoO.123
焦慮の恋人 op.82-3
焦慮の恋人 op.82-4
アリエッタ(接吻) op.128
この暗い墓のうちに WoO.133
自然における神の栄光 op.48-4
五月の歌 op.52-4
モルモット op.52-7
片思いの男のためいき及び返答の愛 WoO.118
追想 WoO.136
うずらの啼き声 WoO.129
ゲーテの「ファウスト」~メフィストの蚤の歌 op.75-3
3つの歌 op.83 1.悲しみの喜び、2.憧れ、3.いろどれるリボンもて
希望に寄せて op.94
遠い国からの歌 WoO.137
異国の若者 WoO.138
愛する男 WoO.139
星空の下の夕べの歌 WoO.150

tag : ベートーヴェン フィッシャー=ディースカウ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。