*All archives*



秋の夜長に聴くピアノ小品
秋の夜長に聴くピアノは、静やかで叙情的な小品集で。

ラローチャ「モンポウ・リサイタル」

モンポウの有名な小品がコンパクトに詰め込まれている。
有名な「内なる印象」「密やかな音楽」「歌と踊り」(抜粋)など。
モンポウの曲は、詩的で繊細であるが、南国の情熱が仄かに漂っている。
モンポウと知己のあったラローチャのピアノは、知的でメロディアス。

モンポウ・リサイタルモンポウ・リサイタル
(1997/05/25)
ラローチャ(アリシア・デ)

商品詳細を見る


「内なる印象」の哀歌第1番は、ジャズピアニストのリッチー・バイラークが編曲して、ピアノ・トリオで弾いている。
編曲といっても、バイラークの場合は原曲のモチーフをもとにしてはいるが、自らのオリジナル曲を作るかのように、創造的なもの。ジャズとはいえ、かなり理知的で硬派な曲づくり。

哀歌(紙ジャケット)哀歌(紙ジャケット)
(2003/05/21)
リッチー・バイラーク・トリオ

商品詳細を見る



グリーグ「抒情小曲集」

極寒の地の作曲家グリーグのこの曲集は、モンポウと違って、北欧の自然を感じさせる冴えた透明感がある。
なぜかロシアの大ピアニスト、リヒテルとギレリスが揃ってレコーディングしているのが不思議。
20数曲づつ弾いているが、選曲が少しだけ違う。
グリーグと同郷のノルウェーのピアニスト・アンスネスは、彼らよりはるかに若く、気負いのない自然さと透明感がある。

グリーグ:抒情小曲集グリーグ:抒情小曲集
(2002/07/26)
アンスネス(レイフ・オヴェ)

商品詳細を見る



キース・ジャレット「The Melody at Night, With You」

慢性疲労症候群から回復してカムバックした時の録音。
彼のピアノソロは「ケルン・コンサート」などが有名だが、彼の若い頃のピアノソロは弾く方も、聴く人間も非常な集中力と緊張感が必要で、元気なときにしか聴けない。
それに対してこのアルバムは、訥々と一音一音を紡ぐように、シンプルだが情感溢れる美しい旋律がゆったりと流れる。
彼のオリジナル曲はほとんどないが、曲の趣きを揃えているので曲の流れはとても自然。
曲も演奏も内省的で、静まりかえった肌寒い夜にひとりで聴くためのアルバム。

The Melody at Night, With YouThe Melody at Night, With You
(1999/10/19)
Keith Jarrett

商品詳細を見る

tag : モンポウ グリーグ アンスネス キース・ジャレット

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。