クウネルの本 「ずらり 料理上手の台所」 

2008, 10. 05 (Sun) 22:46

クウネルの本 ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)クウネルの本 ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)
(2007/09/20)
お勝手探検隊

商品詳細を見る

料理家のみならず、スタイリスト、主婦、パタンナー、エッセイストなどの自宅の台所(あえてキッチンとは書かないわけは、中身を見ればよくわかる)について、豊富な写真と本人のコメント入りで紹介している本。

リビング雑誌とか料理雑誌に載っているインテリアや食器に凝った贅沢なキッチンはほとんど載っていない。(ホルトハウス房子氏のキッチンだけは除く)
ごく普通の一般人が使っているような台所で、各人がいろいろ工夫したレイアウトに食器棚、料理道具が満載されている。
特に、整理整頓・お片づけ術は応用できるアイデアがいろいろあって、いくつか実践してみた。
毎日換気扇と五徳を洗うというのは大変そうだったが、換気扇は無理(うちはレンジフードなので)として、五徳を毎日洗ってみると本当にすっきりきれい。
コンロが美しく見えた(ような気がする)。

料理家は全部で6人登場しているが、私が知っている料理家はケンタロウとホルトハウス房子のみ。
ケンタロウのレシピブックをいくつか持っているが、彼ならではの合理主義的な料理に対する考え方は面白い。
レシピブックで、軽量スプーンを何十本も持っているのは、いちいち洗って拭いて使うのが面倒だからと書いていたので、私もいろんなサイズの軽量スプーンを20本ほど用意したら、これは本当に便利だった。
今回はお鍋2つでできる料理法。実演実況解説と写真・レシピ付き。

持ち家ならある程度自分で改造もできるだろうが、貸家の台所をいかに工夫して使うかというのはなかなか難しい。
ここには、貸家の人の台所も載っている。
見た目にはファッション雑誌のように”新しくて綺麗”な台所ではないが、生活の場としてリアリティがある。
本当はこういう台所をどう工夫したらいいか知りたかったという人には、面白いはず。

なるほど~と思う整理術や道具の使い方など、見て、読んで、こんなに楽しい台所紹介本はまずないだろう。

クウネルの本は、「私たちのお弁当」というのもある。
これは普通の人たちのお弁当箱と中身を紹介した本。
お弁当箱とお弁当の中身の写真と本人のコメントつき。
たまにレシピも載っているが、レシピブックではないので誤解してはいけない。
これも、料理研究家のお弁当の本など足元に及ばないほど面白い。

クウネルの本 私たちのお弁当 (クウネルの本)クウネルの本 私たちのお弁当 (クウネルの本)
(2005/09/20)
クウネルお弁当隊

商品詳細を見る

0 Comments

Leave a comment