*All archives*



ゼルキン ~ ベートーヴェン/ピアノ協奏曲全集(1960年代の録音)
ルドルフ・ゼルキンは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集を3度録音している。
1度目は、1950年代の米コロンビア・レコードに録音したもの。伴奏は全曲オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団。
2度目は、1960年代に同じく米コロンビア・レコードに録音したもの。
第1、2、4番はオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団で、第3、5番はバーンスタイン指揮ニューヨークフィルの伴奏。
1962年~64年頃にかけての録音で、ゼルキンが60歳前後の最盛期だった頃なので、指回りは完璧。本当に良く動く上に、フォルテでも音の濁らない明確な打鍵である。
後の2度の録音と比べて、テンポがすこぶる速く弾むようなリズム感が抜群。短い残響で歯切れの良い音で、躍動感に溢れている。
この頃録音したベートーヴェンのソナタでも、独特の音の切れ味と弾むようなリズム感が明確に聴き取れるので、これはこの時代のゼルキンのピアニズムの特徴だったのかもしれない。

3度目は、小沢指揮のボストン交響楽団の伴奏によるスタジオ録音。
この録音は評価が分かれているようで、1981年に最初に録音した第5番「皇帝」だけはとても評価が高く、それ以降に録音した曲はどうもよろしくない。
確かに試聴していても、1~4番はテンポが遅く重たい感じがする。

3度のスタジオ録音以外に、1977年(74歳頃)のライブ録音があり、クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団の伴奏。ゼルキン亡き後に、ORFEOからリリースされている。
カーネギー・ホールでリサイタルを行った頃だから、技術的には大きな問題は全くない熱演。第5番とカップリングされている合唱幻想曲が特に素晴らしい。

今回入手したCDは、今は廃盤になっている(らしい)2度目の全集の第4と第5のコンチェルトのカップリング盤。
現在、市場で入手できるCDは、5番単独か、3番・5番がカップリングされたものだけ。(↓のCDのように)

Beethoven: Piano Concertos Nos. 3 & 5 Beethoven: Piano Concertos Nos. 3 & 5 "Emperor"
(2004/07/27)
Ludwig van Beethoven、

商品詳細を見る


4番と5番のカップリング盤は、たまたま寄った近所のブックオフで見つけたもの。
廃盤になっているCDが並んでいるというのは、中古専門店ならではの利点だと実感。
第1番と第3番のカップリング盤はHMVで入手できるので、これでほぼ全集が揃うことになる。

この最初の協奏曲集では、バーンスタインとのコンチェルトの評価がとりわけ高い。
それもそのとおりで、この「皇帝」を聴くと、ゼルキンの気力がみなぎり、一気呵成に弾いている。バーンスタインの指揮の推進力が凄くて、ゼルキンも一瞬も気を抜かない丁々発止の協奏。
後年のような大家風の渋さや重厚さはなく、聴いていて精神的な高揚感を感じるエネルギッシュな演奏だと思う。

オーマンディとのコンチェルトを収録しているCDはほとんどなく(第1番だけは見つかったが)、あまり評価が高くないのかもしれない。
この第4番が入ったCDを見つけたのは本当に幸運だった。
私はこれもそんなに悪くはない演奏だと思うけれど、なにせバーンスタインとのコンチェルトが凄かったので、霞んでしまったのかもしれない。
第4番はとても明朗で暖かみのある叙情豊かな曲なので、オケも3番や5番のようにピアノと競うかのようにガンガン鳴らすことはなく、ゼルキンの美しい音色とリリカルな表現が堪能できるのが良い。
ゼルキンはオーマンディの指揮で、これ以外にメンデルゾーン、ブラームス、シューマンなどのコンチェルトを録音している。ブラームスの2番コンチェルトなど4回も録音したらしい。
評価の高いバーンスタインとの録音は、このベートーヴェンの2曲以外には見当たらない。
ゼルキン自身は、オーマンディとフィラデルフィアフィルとの演奏することが気に入っていたんだろう。

ネット上で見つけたゼルキンのディスコグラフィ
ベートーヴェンのソナタを見てみたが、ほぼ完璧と言っていいくらいまとめられている。
最近のCDリリースの状況も反映されている。
個人が運営しているホームページのようだけれど、全く素晴らしい出来栄え。

tag : ゼルキン ベートーヴェン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。