*All archives*



キーシン ~ バッハ=ブゾーニ編/シャコンヌ
「シャコンヌ」といえば、バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番の「シャコンヌ」のことを指すんでしょうが、私が真っ先に思い浮かべるのがブゾーニがピアノ独奏用に編曲した「シャコンヌ」。

ピアノ編曲版は原曲とは全く別の音楽。ピアノ編曲版が完全に聴覚と頭の中にインプットされているので、ヴァイオリンの音色で聴いてもイメージがずれてしまう。

バッハ=ブゾーニ編曲の「シャコンヌ」は、ミケランジェリの演奏が有名だけれど、私が初めて聴いたのはキーシンの弾く「シャコンヌ」。
25歳の時のスタジオ録音だが、これは数あるキーシンの録音の中でもベストの一つではないかと思えるほどに鮮やかな演奏。この「シャコンヌ」を弾いていた20歳代のキーシンのピアノの切れ味は凄い。

シューマン : クライスレリアーナ&バッハ / シャコンヌシューマン : クライスレリアーナ&バッハ / シャコンヌ
(1998/11/06)
キーシン(エフゲニー)

商品詳細を見る


キーシンが弾くと、それまで聴いていた曲が、別の曲のように聴こえるくらいに鮮やかさ。
初めてこの曲を聴いた時でも、冒頭を聴き始めてすぐ、凄いと思ったくらいに強烈な印象だった。
冒頭の和音は曖昧さの全くない強いタッチと濁りのない深い響きは、揺らぎのない堅固さを感じさせる。
タッチや音色・響きはミケランジェリのように多彩ではないけれど、和音が幾重にも重なった荘重な響きを主体にして、まるで大聖堂の中で鳴り響いているような音響空間をつくっている。
この音響がほぼ全編に流れているので圧倒されるような迫力。

叙情性を強く出した弾き方で、旋律をよく歌わせ、起伏を大きくつけたダイナミックで華麗な「シャコンヌ」。
厳粛さやストイックさは希薄かもしれないけれど、その反面、人間的な近さを感じさせるところがある。
ミケランジェリとは違った「シャコンヌ」だけれど、ミケランジェリの演奏と同じくらい良く聴いている。
今のところは、この2人の弾く素晴らしいシャコンヌを聴くだけで十分なくらい。


Bach-Busoni: Chaconne in D Minor (Kissin)




こちらは1996年5月8日のRoyal Festival Hallでのライブ音源。
スタジオ録音よりも、音が柔らかいので、耳ざわりが良い。
緩急の変化が大きいせいか、スタジオ録音よりも演奏時間が1分ほど長い。
特に緩徐部のまったりとしたタッチが粘着的に感じるので、私の好みとしては淀むことのないスタジオ録音の方を聴きたい。

Evgeny Kissin - Bach, Busoni - Chaconne in D minor

tag : バッハ ブゾーニ キーシン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは。

「シャコンヌ」はピアノ編曲版を聞いたことがありません。
同じ曲でも弦楽器でやるのとピアノでするのでは受ける感じが違います。そこで聞く楽しみが増えるので、ピアノ盤をいつか聞いてみたいですね。
原曲とは違うイメージがしてきます
よんちゃん様、こんにちは。

「シャコンヌ」はヴァイオリンで弾く静謐な世界が苦手で、厚みのある響きでドラマティックなピアノ編曲版ばかり聴いています。原曲とは違う壮麗な響きが美しくて、大聖堂のなかで鳴り響いているようなイメージです。

ミケランジェリ、キーシンとも素晴らしい演奏です。最近では、グリモーも録音していますが、かなり情緒的な弾き方で私の好みには合いませんが、2人とは違った「シャコンヌ」が聴けます。

ピアノで弾く「シャコンヌ」はとてもおすすめの曲です。ぜひ一度聴いてみてくださいね。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。