カペル ~ ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番、バッハ/パルティータ第4番 

2009, 01. 28 (Wed) 18:52

わずか31歳で飛行機事故で亡くなった米国人ピアニスト、ウィリアム・カペルが弾くラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。
伴奏は、ウィリアム・スタインバーグ 指揮フィラデルフィア・ロビン・フッド・デル管弦楽団。
亡くなる3年前の1950年の録音なので音質は良くなく、オケ・ピアノとも響きが痩せているが、ピアノの音自体は前面に出てきて、聴き取りやすくはある。

カペルは、米国の若手ピアニストの中でも最も将来を嘱望されていた優れたテクニックと音楽性を持ったピアニスト。
ハチャトリアンのピアノ協奏曲や、一連のロシア物の演奏で、戦時中に一躍有名になり、ハンサムな容姿も相まって、女性の人気も高かったらしい。

彼が弾くラフマニノフのコンチェルトは、彼の甘いマスクと同じように、とってもロマンティック。
ロシア的情念のべとつきは全くなく、質感があるが硬めの粒立ちのよい美音で弾く、洗練された都会的な音楽の薫りがする。
速めのテンポで難所をものともせずに、突き抜けるように良く響く音でスマートに捌いていく。透明感と造形力があって見通しがよく、旋律の歌わせ方も心に強く訴えかけるような情感がある。第3楽章のラストは実に鮮やかで華麗。
俳優に喩えて言うなら、ジェームス・ディーンのようなカッコよさと甘さがある。
好みの弾き方ではないが、こんなに明るさがあって情感豊かに歌っているラフマニノフは、そう多くはないと思う。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
(2002/06/01)
ウィリアム・カペル

試聴する



カペルの演奏は、ラフマニノフよりも、バッハやベートーヴェンなどで真価を発揮するという評価があるので、バッハのパルティータ第4番を聴いてみたけれど、評判どおりこのパルティータは素晴らしい。
初めの数小節を聴いただけで、気品と叙情が薫り立ってくるようなピアノ。
明るい輝きと開放感に溢れ、柔らかなタッチで磨き抜かれたような濁りのない響きが美しい。
さりげなく繊細な情感を込めて弾く旋律には、自然に歌が流れていくような自由さと品の良さがある。
”珠玉”という言葉がふさわしい演奏。聴いていてなぜか泣きたくなってくるような切なさを感じてしまうほどに、カペルの弾くこのパルティータは本当に美しい。
彼の不慮の事故死により、終曲ジーグだけが録音されずに終わった未完のパルティータである。

Bach: Partita No. 4; Suite in A minor; Debussy: Children's CornerBach: Partita No. 4; Suite in A minor; Debussy: Children's Corner
(2000/03/07)
Isaac Albeniz、

試聴する

タグ:カペル ラフマニノフ バッハ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

3 Comments

ANNA  

カペルのパルティータ4番

yoshimiさん

こんばんは。
バッハの鍵盤作品の中でもパルティータは好きな作品で、できるかぎり色々な演奏を聴いてお気に入りを見つけたいと思っています。


カペルの演奏で4番を試聴してきたところ、とても良かったので近々入手しようと思います。


CDの情報の他に、すぐ試聴できるようにご案内くださってとても助かりますし、感謝しています。

2013/09/10 (Tue) 17:47 | REPLY |   

yoshimi  

パルティータはとてもいいですね

ANNA様、こんばんは。

パルティータのなかで第4番はあまり聴かないのですが、第1楽章はとても好きなので、気になるピアニストの録音は聴いています。

カペルの演奏は、冒頭を少し聴いただけで、その伸びやかさ、瑞々しさがすぐわかります。いい演奏ですね!
カペルの録音のなかでも、パルティータはとても評価が高かったと思います。

試聴ファイルがあると便利ですね。
昔は試聴ファイルもYoutubeもなかったので、CDを買って聴いてみたら大外れ..という確率がかなり高かったです。
おかげで、絶対聴かないと思うCDを数百枚は処分した覚えがあります。
私自身が聴く時にも必要なので、試聴ファイルがすぐに見つかればリンクを貼っています。
ただし、古い記事の場合は、リンクを貼っていても、リンク先の試聴ファイル自体がいつの間にか消えていることが時々あります。(リンク切れを見つけたら、貼り直してはいますが..)

2013/09/11 (Wed) 01:00 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

ANNA様、追伸です

ANNA様、ご参考情報です。

もうお聴きになっているかもしれませんが、パルティータの第1番なら、バッハ弾きではないフィオレンティーノの録音が”穴場”でした。
http://www.youtube.com/watch?v=heSvCfAwjaU

フィオレンティーノの録音のBOXセット(Berlin Recordings-Fiorentino Edition Vol. 1)が出ています。
第4番も録音していましたが、そちらは全曲は聴いていないので何とも言えません。録音の一部がYoutubeにもあります。
http://www.youtube.com/watch?v=x9KQdjaCpvM

2013/09/11 (Wed) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment