ベートーヴェンの「ロンド」と言えば、有名なのはピアノ独奏曲《2つのロンド Op.51》。
もう一つの「ロンド」は、《ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調 WoO.6》。
カッチェンの『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』を聴き直していたら、この曲が入っていたので思い出した。

Wikipediaの解説によると、《ピアノ協奏曲第2番》(1981年)の終楽章として、1974年以前に作曲された曲。チェルニーがソロパートを完成させて、1829年に遺作として出版された。
Naxosなどの網羅性の高い全集盤以外で、この曲を録音したピアノ協奏曲全集はほとんど見かけたことがない。(手持ちの全集20種類くらいで録音していたのはカッチェンだけだった)
改めて聴くと、やっぱり曲想や旋律の醸し出す雰囲気が《ピアノ協奏曲第2番》の第3楽章に似ている。時々モーツァルト風で、キラキラ煌いて楽しそうで可愛らしい。

Beethoven - Rondo WoO 6 - Katchen / LSO / Gamba
Julius Katchen,London Symphony Orchestra,Piero Gamba/Studio recording, London, IX.1958


タグ:ベートーヴェン カッチェン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
2017.06.01 18:00| ♪ ハンネス・ミンナール
オランダ人の若手ピアニスト、ハンネス・ミンナールの新譜は『ベートーヴェン/ピアノ協奏曲全集』(SACD Hybrid)。
伴奏は、ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド指揮ネザーランド交響楽団。発売予定は6月末~7月上旬(ショップによって異なる)。
『Bach Inspirations』が素晴らしくて、それを聴いて以来、若手のなかでは特に好きなピアニスト。

この新譜のなかで、第3番のコンチェルト以外は、分売盤としてリリース済み。私は第4番の第1・2楽章だけituneでダウンロードして聴いたことがある。
そのうち全集盤が出るだろうと思って待っていたら、2年半も経っていた。
第2番と第5番はほとんど聴かないので、第1番と第3番、第4番第3楽章は聴きたい。
全集盤でダウンロードできる楽章は一部だけなので、(CDより高い)アルバムをダウンロードするくらいなら、CDを買うつもり。

第4番のデジタルファイルを聴き直すと、今回はヘッドフォンで聴いたせいか、音質が良いせいか、以前よりもはるかに印象が良い。残響があまり長くないので、響きはすっきり。
ピアノの音がわりと前面に出ていて、やや線が細めの硬質なタッチで音の輪郭が明瞭なので(量感は少し軽い)、粒立ちが良くアーティキュレーションの細部までくっきりと聴こえる。
テンポは速すぎず遅すぎず、私のテンポ感とぴったり合っている。
明るく透明感のある音色と柔らかい響きがとても綺麗で、清々しい叙情感と品の良さがあり、若々しくも清楚で端正なところがミンナールらしい演奏。
特に柔らかい響きの弱音がふわっと触れるような感じで、この弱音はとても好き。
アーティキュレーションが特に凝っているということはなくとも、変なクセがなくて至極まっとうな演奏。
第1楽章のカデンツァは、普通演奏される長い方ではなくて、(ポリーニやブレンデルと同じく)短いカデンツァを弾いている。
第2楽章は、深刻で重々しい演奏も多いけれど、ミンナールは柔らかく明るめの音色とやや軽やかなタッチなので、パステル画のような淡く透明感のある哀感。
試聴ファイルを聴いてみても、第1番第3楽章は速いテンポでもバタつくことない打鍵でタッチが綺麗。
どの曲も緩徐楽章の弱音の音色は明るくて柔らかくで、残響もまろやか。

ミンナールは、ヴィルトオーソ風の冴えた技巧や個性的な解釈で”ピアニスト”を聴く...というタイプではなく、美しい音色とクセのない演奏で、曲それ自体をじっくり味わえるピアノを弾く人だと思う。
第4番に限って言えば、私の好きな演奏のベスト5(か3)には確実に入る。
ミンナールのベートーヴェンなら『ヴァイオリンソナタ全集』も印象が良かったし(ヴァイオリンのクーレンより印象に残っている)、このピアノ協奏曲全集も購入予定。

Beethoven: The Complete Piano ConcertosBeethoven: The Complete Piano Concertos
(2017/7/7)
Hannes Minnaar, Jan Willem de Vriend & The Netherlands Symphony Orchestra

試聴ファイル


<過去記事>
ハンネス・ミンナール『Bach Inspirations』
ハンネス・ミンナール『Bach Inspirations』(2)

タグ:ベートーヴェン ミンナール

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
2017.06.01 18:00| ・ 医療全般
欧米型の食事でも死亡リスクは低下? 食事パターン別の意外な研究結果[J-CASTニュース]

2017/5/24 食事パターンと死亡リスクとの関連について-「多目的コホート研究(JPHC究)」からの成果-[国立がん研究センター]
食事パターンと死亡リスクとの関連について―多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告―[国立がん研究センター]


<調査方法>
40~69歳の男女約8万人を約14.8年追跡し、食事パターンと死亡リスク(全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡、心疾患死亡、脳血管疾患死亡)との関連を調査

134項目の食品・飲料の摂取量に基づいて、3つの食事パターンに分類

「健康型」 野菜や果物、いも類、大豆製品、きのこ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶など

「欧米型」 肉類・加工肉、パン、果物ジュース、コーヒー、ソフトドリンク、マヨネーズ、乳製品など

「伝統型」 ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物など


<調査結果>
「健康型」食事パターンのスコアが高い人は低い人に比べ、全死亡のリスクが約2割、循環器疾患死亡のリスクが約3割低下。

「欧米型」食事パターンにおいても、そのスコアが高いほど全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡のリスクが低下する傾向
ただし、がんの部位によって関連する栄養・食事因子が異なるため、さらなる研究が必要。

「伝統型」食事パターンと死亡リスクとの関連はみられなかった。

本研究の特色は、「欧米型」食事パターンにおいても、死亡リスクの低下がみられたこと。

2017.05.28 13:00| ・ 音楽(Books&Movies)
シューマンの伝記をamazonで探していて見つけたのは、『シューマンの指』という小説。
この本の題名だけは知っていたけれど、今までシューマンの音楽(とミステリー)に興味がなかったのであらすじも全く知らず。
著者はクラシックやジャズ音楽を聴いてきた人で、特にシューマンの愛好家。著者の知人であるピアニスト椎野伸一氏が助言している。

シューマンの楽曲解説や演奏に関する記述がやたらに多いというレビューに興味を惹かれて、早速読んでみた。
小説は、主人公である里橋優が過去を振り返って書かれた手記という形式。高校から大学入学にかけて、シューマンの音楽を巡って、彼と同年代の天才ピアニスト「長嶺修人」との交友が語られている。小説には女子高生の殺人事件と謎解きも入っているので、一応ミステリー小説の類なのだとは思う。
シューマンのピアノ作品に関する解説(解釈)にかなりに頁を割いているので、私はミステリー小説というよりもシューマンの音楽論として読めた。昔からシューマンを敬遠していた私にとっては、シューマンへのガイド本としてぴったり。

もともとミステリーの部分は興味がなかったので、その部分は深読みしていなかった。
冒頭の手紙で、「修人」の切断された指が復元されたのは驚異的移植手術か何かであって、これは医学ミステリー?とか最初は思ったけど、全然違っていた。
フィクションの中のフィクションみたいな入れ子構造で、最初の「結末」をさらにどんでん返ししているので、私には全く予想できなかった結末。
シューマンの人生と音楽に相通じる点は、主人公(里橋優と「修人」)の人物像と小説の構造そのもの。どちらも小説のコアになる部分なので、そういう意味では、主題となりえるのはブラームスでもベートーヴェンでもなくて、シューマンとその音楽でしかありえない。

シューマンの指 (講談社文庫)シューマンの指 (講談社文庫)
(2012/10/16)
奥泉 光



小説で紹介(演奏していない曲も含めて)されている曲を収録した6枚組。少しだけ解説付きで紹介されていても、CDに収録されていない曲もある。
<収録曲・演奏者リスト>を見ると、SONYの保有音源を使ったコンピレーションアルバムなので、私の持っている音源と違う曲がほとんど。好きな演奏家の録音もほとんどないく、こういうコンピレーションは一度聴くだけに終わる曲も多いので購入せず。

シューマンの指 音楽集シューマンの指 音楽集
(2011/5/18)

試聴する



<関連情報>
“シューマン愛”がほとばしる長篇ミステリー。奥泉光『シューマンの指』[YAMAHA/Web音遊人]

著者インタビュー/『シューマンの指』奥泉 光[PRESIDENT Online]

『シューマンの指』を読んで(H. Sekiguchi)[J]/関口裕昭(明治大学)[日本独文学会ホームページ]
関口教授も「シューマンはどうしても克服できない「苦手科目」だった。その世界がどこかしら異質で、感情移入することができなかった。」。これは私も同じだった。
シューマン・アレルギーの原因の一つが友人のシューマンマニアで、「長嶺修人」にそっくり...というのには笑ってしまった。

たしかにシューマンは(ショパンに比べると)入るのが難しいところがあると思うけど、一度上手く入れたら結構はまりそう。(私もはまりかけているような気がする...)
少なくとも、フィオレンティーノの《幻想曲》と《謝肉祭》を聴いてから、シューマンへの苦手意識がすっかり無くなったし、どうも合わないと思っていたショパン、シューベルト、シューマンのなかでは、一番共鳴するものを感じるのはシューマンの音楽。
まだ聴いていない作品がたくさんあるシューマンは”未開拓”の作曲家に近いので、当分はシューマンの音楽めぐりになりそう。

【以下の文章には小説の結末などを書いています。未読の方は読まない方がいいです。】

続きを読む >>

タグ:シューマン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
数年前にネットラジオのライブ中継で聴いたアンデルシェフスキのリサイタルで、あまりに美しくて記憶に残っていたのはシューマンの《ペダル・ピアノのための練習曲集》。
柔らかく重なっていくハープのようなピアノの響きが天上の調べみたいに夢幻的で、旋律も叙情美しく一度聴くと忘れられない。

ようやくシューマンのピアノ独奏曲で好きな演奏をCDで集める気になったので、アンデルシェフスキのCDを思い出して早速購入。
カップリングされている《フモレスケ》、《暁の歌》は、CDを1枚も持っていないし、小説『シューマンの指』の作品解説を読んで興味を惹かれた曲だった。(後でラックの中を探したら、ルプーの《フモレスケ》のCDが出てきた。)
選曲が良い上に、演奏が素晴らしく、私が聴くシューマン録音のなかで(今後聴くであろうものも含めて言っても)、ベストアルバムの一つになることは間違いない。

Schumann : Piano WorksSchumann : Piano Works
(2000/4/26)
Piotr Anderszewski

試聴ファイル


アンデルシェフスキのシューマンは、ピアノの響きが独特。輪郭が少し滲んだような曖昧さと柔らかさがあり、どこか懐かしいレトロな心地良さと、夢のなかで聴いている非現実的な浮遊感も感じる。
細部まで精緻なタッチと表現で、繊細で儚い感情が交錯する深い叙情感が美しく、しみじみとした味わいがある。

収録されている3曲は、感情の浮き沈みの激しい若い頃のシューマンの音楽とは雰囲気が違う。
作曲年代では、初期、中期、後期の3曲が年代順に並べられているので、作風の違いがよくわかる。

《フモレスケ》(Op.20,1838年)(ピティナの作品解説)
同じ年に書かれた《クライスレリアーナ》に似た旋律が時々でてくるけれど、アンデルシェフスキの演奏で聴くと、《クライスレリアーナ》のような噴出する感情の激しさや明暗が対立する緊張感は薄い。
ルプーの《フモレスケ》よりも、響きも表現も柔らかで美しくて、ふわっと包み込まれるようで夢想的。
曲想の異なる曲が全体的に調和した世界のなかで統合されたような安定感を感じる。
特に第3曲の冒頭の旋律は、《ペダル・ピアノのための練習曲集》の第2曲と同じくらいに切なく哀しい。どうしてこんなに親密で繊細な美しい旋律が書けるのだろうと思うくらい。終曲は輝きと躍動感に満ちて堂々たるフィナーレ。

Piotr Anderszewski: Robert Schumann - Humoreske, Op. 20


シューマンの音楽にひそむ「なにものか」を言葉にする3作(広瀬大介)[音楽之友社ウェブサイト]
《フモレスケ》の作品解説の紹介。
『シューマン 全ピアノ作品の研究(上・下)』(西原稔著,音楽之友社,2013)は、ピアノ作品限定した詳しい解説書のようなので、これは読んでみたくなってきた。

《ペダル・ピアノのための練習曲集》(Op.56,1845年)
ペダル・ピアノはオルガンのような足鍵盤がついた楽器なので、この録音はアンデルシェフスキによるピアノ独奏用編曲版。
原曲は3段楽譜で、最下段がペダル用。2人で演奏しても良いという脚注がある。
アンデルシェフスキは、足鍵盤で弾く部分を左手のバスで弾いているはず。
このバスの旋律がバッハの通奏低音みたいに聴こえる。
アンデルシェフスキの演奏が素晴らしく、特に古典的な端正さと柔らかいレガートな響きの美しさが際立っている。第1曲と第2曲は何度聴いても飽きないくらいに好きな曲。
第1曲の和らかくカスケードしていく響きはまるでハープを聴いているような美しさ。
第2曲は哀感がこぼれ落ちてくるように切ない。対照的に第3曲は明るく軽やかに舞うよう。
ドビュッシー編曲による2台のピアノ版もあるけれど、ピアノソロの方がシンプルな旋律が美しく、音色の統一感もあり、これはピアノソロで聴きたい。

Schumann - Studien für den Pedalflügel Op.56 - I. Nicht zu schnell (Piano: Piotr Anderszewski)

※バタバタと雑音が時々聴こえてくるのは、残響が多くても響きが濁らないように、ペダルを細かく踏みかえている音だと思う。(ピアノに”足元鍵盤”を取り付けていることはないはず)

Schumann - Studien für den Pedalflügel Op.56 - II. Mit innigem Ausdruck (Piano: Piotr Anderszewski)



《暁の歌》 (Op.133,1853年)
ライン川へ身投げする5カ月前に書いたシューマン最晩年の曲。
ピティナの作品解説によると、この小品で表現されているのは、”夜明けに感じることの情景描写というよりも感情表現”なのだそう。
若い頃のような相反する感情が対立・拮抗する緊張感はなく、調和した穏やかさと不思議な透明感がある。第1番と第5番はコラールのような響きが美しい。
第1番は、夜明けを告げるように静けさと平明さに満ちて清々しく、第2番も軽やかで自由に飛翔するような開放感があり、第3番は完全に夜が明けて朝日が輝くように明るく力強い。
でも、カスケードのように流れるアルペジオが美しい第4曲には(アンデルシェフスキの演奏では)悲愴感や切迫感を感じるせいか、命が尽きようとしている蝶々が乱舞するようなイメージがする。
第5曲は穏やかな安らぎに満ちて、柔らかい響きは夢想のよう。
その後のシューマンの運命を思えば、この曲は”白鳥の歌”のように思えて、聴けば聴くほど強く惹かれるものがある。

Schumann - Gesäng der Frühe - I. In ruhigen tempo



これは、モンサンジョン監督によるドキュメンタリー映画の抜粋版。
アンデルシェフスキが弾いているのは、《暁の歌》と《ペダル・ピアノのための練習曲集》。

Piotr Anderszewski talks about Schumann


アンデルシェフスキーが話す部分に英語字幕がついているので、この2曲に対するアンデルシェフスキの捉え方がわかり、これがとても参考になる。
アンデルシェフスキ曰く、《暁の歌》は、シューマンの本性(nature)に根差した音楽、独特の雰囲気があり何か御す(tame)ようなところがなく完璧、それ自身から湧き出る”Poetry”(詩)心を感じる、黄昏のメランコリーはなく新しい地平が開かれるよう、純粋なハーモニー・装飾音・フラグメントの全てが魔法のように結び付いている、人間という存在の脆さも傷つくやすさも完全に肯定した心動かされる曲、など。
一方、《ペダル・ピアノのための練習曲集》については、カノン形式の練習曲を書く一方でバッハや対位法に興味を持っていた、シューマンの本性に反する堅牢で厳格な形式は、全てが崩壊する狂気が迫っているのを食い止める試み。

アンデルシェフスキは、Robert Walser(ロベルト・ヴァルザー,1878-1956)の著作を読んだことで、シューマンを、《暁の歌》に漂う”absurd”(理屈ではわりきれない)な何かを、理解するようになったと言う。
ヴァルザーは、ドイツ語の著作があるスイス人作家で、”Catatonic schizophrenia”(緊張型統合失調症)と診断されたため、亡くなるまでの30年近くを精神病院で過ごした。
「ローベルト・ヴァルザーは散文によるパウル・クレーだ。クレー同様に繊細で神経質だ、彼はまた心やさしいベケットだ、さらにはカフカとクライストの間のミッシング・リンクだ。」(スーザン・ソンタグ)[『ヴァルザーの詩と小品』(みすず書房)の紹介文より]


<インタビュー>
ピョートル・アンデルシェフスキ[伊熊よし子のブログ]
子供時代のピアノの先生に、1本の指でレガートを出す方法を教えてもらい、このレガート奏法を自分で工夫して弾いているという。↑の映像を見ると、緩徐部のレガートでは、指を平らにして少し滑らすように弾いているように見える。


<過去記事>
シューマン/ドビュッシー編曲 ~ カノン形式による6つの練習曲(独奏版&2台のピアノ用編曲版)

タグ:シューマン アンデルシェフスキ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。